30年の会社員生活を卒業し整理収納アドバイザーとして起業するまでの備忘録

2018年5月末で会社を辞めました。まだまだワーキングマザー継続します!

台風明けの内定式で思う事

一昨日は台風による暴風雨の音であまり眠る事が出来ませんでした。外に色んな物を置いておくとこんな時心配ですね、きちんと片付けしましょう、、、、という話では今回は無く、、、。

  台風明けの10/1は内定式。通年採用が広がる中この内定式自体、形骸化しているみたいですが、この対応で企業文化がみてとれたという話です。

台風の影響で中止にする企業が多い中、何としても来るようにと指示があった企業、前泊費も出す企業、オンラインのみでやる企業、、等様々だったよう。

私としてはオンラインで良いんじゃないの⁈と思ったりします。

こういった対応や、他の内定者の雰囲気で、辞退する人もいるようですね。企業判断のツールになりつつあると、。売り手市場ならではです。

  先日、就職が決まった大学4年生数名の話を聴く機会があったのですが面白かったです。みんな、しっかり見て選んでいるなぁという印象。財務状況、将来性、知名度、社長の人柄もよく見て、複数もらった内定から、シビアに選んでいる。親の意向とも戦いながら。

といっても、約3割が3年未満で転職しちゃうんですけど。。私も企業の中でかつて新人研修した子達が辞めるという報告を受ける度、寂しいような、応援したいような、悔しいような、何とも言えない気持ちになったものです。

せっかく縁があって入社する企業、しっかり自分の居場所をつくって頑張ってね!と心の中で願いました。キラキラ希望に満ちている若者達を見て、社会人の先輩として、またお母さん的な気持ちにもなり、素直にそう思います。

またこの子達が私と同年代になる頃、オフィスの形態も劇的に変化しているのでしょう。。私自身も頑張って変化に柔軟に対応出来る人になろうと決意を新たにしたのでした!