30年の会社員生活を卒業し整理収納アドバイザーとして起業するまでの備忘録

2018年5月末で会社を辞めました。まだまだワーキングマザー継続します!

企業の中でのコミュニケーション方法も日々進化、、、メールからチャットへ。。Teamsが便利!

いやー、、企業によって、ほんと文化が違う、、と痛感している今日この頃です。
至極当然の話ですが。。30年近くも同じ会社or同じグループ会社で働いていた私にとっては今更ですが新鮮な驚きです。

会社員時代に、営業として、様々な企業に行ったけど、外から見るのと、中で働いて見える風景はまったくの別モノでした。。。。
今、少しですが、働いている企業は、みんなほんと、若い!部長レベルもめっちゃ若い!!部長職の7割が30代という、前職では考えられない次元です。
なので スピード感が違う!自由度が違う!ミーティングもフリーダム!そしてみんなよく働く。。。昭和の私はそのスピード感に付いていくのに必死ですが、仕事自体は面白いので、追いていかれないように全力で走っています。。

そして、コミュニケーション方法も進化しているんだなと。。
もう、社内では、メールよりチャットでどんどん情報共有。メールは、社外の人とのやり取りに使うくらいになっています。

office 365の機能の一つ、Teamsという チャットツールがとても便利なんですね~。

コラボレーション ツールとグループ チャット ソフトウェア - Microsoft Teams

まずこれを立ち上げて仕事が始まるイメージ。グルーピングも自由にできて、もちろん、そのチャットの中に、Excelなどのドキュメントも貼り付けられ、タスク管理も自由にできる。。
何か、そこに問いかけると、すぐに反応があるのは、若い会社ならではでしょう。。
こういうツールも日々進化しているなーと実感。個人事業主と企業で働くダブルワークは時代遅れにならない為にも有効かもしれません。。

そして、若干カルチャーショックだったのが、皆「紙を出力しない」という事。。。
複合機はすぐそばにありますが、それが動いているのはほぼ見ません。。。

そもそもの紙がないので、スキャンも発生せず。。。自分の事業内容も含めていろいろ考えさせられています。。。。